抑制系のサプリで吸収量を減らす

ダイエットの方法には2通りあります。
ひとつは脂肪燃焼などのように溜まっているものを分解して排出することです。
もうひとつは?摂取量を控えることです。
とはいえ食欲には勝てません。
無理な運動も?ご褒美が欲しい!リバウンドを招きます。
では食事の内容を変えることなく、それでも減量できる?そんな虫の良い、簡単な話はあるのでしょうか。

抑制系のトクホで吸収量を減らす

大食漢なのに太らない!そう公言する女優やモデルさんも少なくありません。
本当?疑うのも無理はありません。
しかし食べたから太る?人間の身体は、それほど単純なシステムでもありません。
もちろん食べた分をエクササイズなどで消費する!これがベストです。
一方で体内に入っても、それを栄養分として吸収しなければ?
すべて腸内を素通りすれば?便通もよくなり減量!
最低でも現状維持にはなるでしょう。
そんなことはできるのか?
昨今は脂肪や糖質の吸収量を減らす!抑制系のサプリがトクホとして登場しています。
これらを上手く活用すれば?日々の食事でカロリーを制限する必要もありません。
無理のない減量と併せて体調のケアもできるでしょう。

吸収を抑制する仕組み

具体的にトクホの成分が、脂肪や糖類の吸収を抑制する仕組みはどうなのでしょうか?
例えば難消化性デキストリンと呼ばれる物質があります。一種の食物繊維です。
これが含まれるダイエットサプリは、食べ物に含まれている脂肪や多糖類を腸内で抱え込んでしまい、腸が吸収する前に腸内を素通りさせてしまう!
そんなメカニズムが話題になっています。
食べる量を制限しないから便通も良くなる?
食物繊維なので自然なお通じも促してくれるでしょう。
一方でカルシウムや鉄などのミネラル分の吸収は促進してくれる!
こちらは代謝に好都合です。

抑制系でも注意

抑制系トクホであっても、使い方には注意しましょう。
詳しい点まで完全に明らかになっているわけではなく、単糖類であるブドウ糖の吸収は抑制できない?メリットだけではありません。
一方でお腹が弱い人は?逆に下痢しやすくなる可能性もあります。
急に始めるのではなく、少しずつ試していくのが、減量に関しても有効です。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP